ブログ

ブログ第23号:宮崎ハーモニカフェスティバル2020

宮崎ハーモニカフェスティバル2020に出場しました!!

 先日10月16日(土)に宮崎市で開催された「ハーモニカフェスティバル2020」にクロマティックハーモニカ道場 一美塾から出場しました。このフェスティバルは第35回国民文化祭の一部として開催されました。演奏会場は宮崎市民プラザのオルブライトホールです。

 国民文化祭は、芸術や文化の振興、発展を目的として昭和61年(1986年)から各都道府県持ち回りで開催されています。開催県では、県内各地で器楽演奏、合唱、踊り、演劇、人形劇、美術品展示等の様々なイベントが催され、県内外からたくさんの人が参加します。

 宮崎県での開催は昨年(2020年)の予定でしたが、コロナ禍の影響を受けて1年延期となりました。2021年は10月30日から11月21日にかけて和歌山県で開催予定ですので、今年は2県での開催となります。

 今回の「ハーモニカフェスティバル2020」の開催に当たっては、宮崎ハーモニカ愛好会会長の作田嘉余子さんがご尽力されました。作田さんは複音ハーモニカの2013年FIH世界ハーモニカコンテスト複音ソロ部門で金賞🏆を受賞。清水&私とは目指すハーモニカは違いますが、年齢が近いため以前から交流がありました。昨年6月に開催を予定していたクロマティックハーモニカフェスティバルin九州のゲスト出演を依頼していましたが、残念ながらコロナ禍により中止せざるを得ませんでした。

 クロマティックハーモニカ道場 一美塾からはアンサンブルが1組(演奏曲:巣立ちの歌3重奏)、ソロ演奏2人(文屋功:「青葉の笛」幻想曲 中島一夫:川の流れのように)が出場しました。

 アンサンブルの演奏曲は、先日、大阪の西日本ハーモニカコンテストで久留米サンフレンズ(6名)が演奏した「巣立ちの歌(3重奏)」です。メンバーは8名で、そのうち久留米サンフレンズのメンバーは2人だけ。ほとんどのメンバーが入れ替わる中、練習は1週間に1度と少なかったのですが、緊張感を持って練習に臨みました。

 私もメンバーの一人として舞台に立ちましたが、本番の舞台では、音響が良くて1st、2nd、3rdの各パートの音量バランスも申し分なく、気持ち良く演奏できました。練習よりも本番での演奏が一番良かったと感じました。会場に来られた皆さんに、クロマティックハーモニカの良さを知っていただいたものと思います。

 筑紫野教室の猪俣泰夫さんには、はるばる宮崎まで応援に来ていただき改めて感謝申し上げます。知っている人が傍にいるだけで心強く感じます。有り難うございました。

 出場した皆さんに回想録を依頼していますので、楽しみにしておいてください。

ハーモニカフェスティバル2020プログラム

プログラム作田さん挨拶

プルグラム1

プログラム2

プログラム3

プログラム4

アンサンブル一美塾のメンバー8名

  演奏曲:巣立ちの歌(3重奏)

江﨑 尚美(チャント教室) 1stパート
福永 広顕(久留米教室)    1st
中野 小夜子(天神教室)  2ndの1
高木 美和(龍田教室)   2ndの2 
久保田 敏子(久留米教室) 3rd
原田 秀徳(久留米教室)  3rd
文屋 功(北九州教室)   3rd
中島 一夫(講師)     1st


会場となった宮崎市民プラザ

宮崎市民プラザ前にて

宮崎市民プラザ前にて、向かって左から高木美和、久保田敏子、原田秀徳、 江﨑 尚美 、中島一夫、中野小夜子、福永広顕、猪俣泰夫、文屋功。出場メンバーは8名で、猪俣さんはわざわざ福岡から応援に駆けつけてくれました。本当に有り難うございました!!🙇
オルブライトホール:ここで演奏しました。音響も良く気持ちよく演奏できました。
10月15日 宿泊先のホテルにて、これから全員で練習です!!
10月16日、後方は宿泊先のホテル。これからいざ出陣です!!
本番直前、控室にて練習 後ろの鏡に私が写っています!!📸
本番直前、控室にて練習
 すべての演奏が終わり、主催者の一人である作田嘉余子さん(向かって左から4人目、宮崎ハーモニカ愛好会会長)を囲んでの記念撮影(10月16日、宮崎市民プラザにて)充実感に浸っている瞬間ですね。😄
 裏方として孤軍奮闘されていた作田さん、今日は本当に有り難うございました!!一般出場者のレベルの高い演奏とプロハーモニカ奏者の表現力豊かな個性ある演奏に魅了されました。音響も大変良くて気持ちよく演奏できました。

出場した皆さんから回想録を書いていただいています。揃い次第アップします!!

福岡県で開催された2004年の国民文化祭

一美塾アーカイブス:2004年国民文化祭(2004年10月31日)

 福岡県での国民文化祭開催は2004年(平成16年)でした。この文化祭のイベントの一つとして10月31日に「童謡・唱歌フェスティバルinやながわ」が柳川市民会館(福岡県柳川市)で開催され、県内外から24の団体が集まりました。このとき、清水と私はせたか童謡・唱歌愛唱会の方からのお誘いでハーモニカ演奏をしました。舞台では、会の皆さん、児童たちと一緒に童謡・唱歌を歌い、徳永延生先生編曲の「故郷」をデュオで演奏しました。

2004年国民文化祭1

2004年国民文化祭3

2004年国民文化祭2

このサイトのトップ このページのトップ

関連記事

  1. ブログ第13号:ハーモニカフェスティバル2020(国民文化祭)の…
  2. ブログ第24号:宮崎ハーモニカフェスティバル回想録
PAGE TOP