クロマティックハーモニカ道場・一美塾(Kazumijuku)へようこそ!!

クロマティックハーモニカ道場・一美塾(Kazumijuku)へようこそ!!

クロマティックハーモニカ道場・一美塾へようこそ!! 
Welcome to Chromatic Harmonica Dojo Kazumijuku.

 クロマティックハーモニカ道場・一美塾(Kazumijuku)は、福岡県大牟田市にある音楽サロン・チャントを拠点として、現在(2021年1月現在)、福岡・佐賀・熊本県内に10の教室を開設し、クロマティックハーモニカの普及・啓発と後進の育成に力を入れています。
 私たちのキャッチフレーズは「ハーモニカで人生を変えよう!!」です。ハーモニカは手のひらサイズで、どこにでも持っていけます。しかもこのクロマティックハーモニカは4オクターブの音域があり、半音階を出すことができるので、これ1本であらゆる調の音楽を奏でることができます。ハーモニカ特有の奏法を駆使すれば、ピアノやギター、バイオリンなど、他の楽器に負けない表現が可能です。このハーモニカに興味のある方はぜひ一度お越しください。お待ちしています!!

 なお、このホームページが英語に自動翻訳されると、「一美塾」が誤って「Ichimijuku」と表示されます。そこで一美塾(Kazumijuku)と表記することにします。

清水 由美 & 中島 一夫プロフィール

有江園子先生のブログはこちら

クロマティックハーモニカ道場・一美塾とは

クロマティックハーモニカ道場・一美塾とは?

 私たちはクロマティックハーモニカを始めたのが同じ日です。同じ日に一緒に最初の師匠となる山名雄三先生に入門しました。それ以来、切磋琢磨しながらこの25年間やってきました。
 ハーモニカ教室を開設してからは中島ハーモニカ教室という名称を使ってきましたが、2年前に「クロマティックハーモニカ道場・一美塾(Kazumijuku)」に改称しました。
 ハーモニカは奥が深く、くわえ方や動かし方・呼吸法・速いフレーズの攻略法など毎年、新たな発見があります。趣味としての域を超えて、生涯をかけて追究していくだけの価値がある楽器です。ですから、私たちはこの教室を、ハーモニカを生涯の友として、仲間と支え合いながら自分自身を磨いていく集いの場としたいと考え、道場という名称を使うことにしました。そして清水と中島の名前を1字取り「クロマティックハーモニカ道場・一美塾(カズミジュク,Kazumijuku)」としました。

初代の中島ケンタ 交通事故に遭い脊髄を損傷し後ろ足が麻痺しました。前足2本だけで大牟田市にある三池山に登りました。後ろ足と胴体を袋で覆い紐で釣り上げています。後方で支えているのは中島の母
私たちの願い

ハーモニカで生き甲斐のある人生を歩んでもらいたい!!

 私たちがハーモニカ教室を開いた頃は、九州全体でこのハーモニカを演奏する人はほんの数人でした。しかし、10年が経ち今では100人に迫る勢いです。この数は今後さらに増えていくでしょう。20年後、30年後にはどうなっているでしょうか、そんなことを考えると胸がわくわくします。 
 私たちの願いは、クロマティックハーモニカ愛好家を一人でも多く育て、後世にこのハーモニカを受け継いでもらうことです。そして何よりも、ハーモニカを通して生き甲斐のある人生を歩んでもらいたいと思っています。

PAGE TOP